人間関係ストレス解消ブログ「癒しのキネシオロジー」

白木原雪乃のプロフィール

  • HOME »
  • 白木原雪乃のプロフィール

白木原雪乃のプロフィール白木原 雪乃 (しらきはら ゆきの)ピースリンクカンパニー代表

高校時代に登校拒否をしていた経験から、
自分の道を見つけられない人の手助けをしたいとセラピストの道へ。

1990年代から代替療法に携わり、
20年に渡ってセラピストとして活躍する。

これまで学んだ20種類のセラピーや代替療法のほとんどで
インストラクターとなっており、その豊富な知識と経験を
独自に組み合わせたセッションは、
人間関係や人生の指針に悩むクライアントから、
「悩みから抜け出す手掛かりとなる」と定評がある。

20代から海外の家具の輸入をする商社にてOLをする傍ら、
さまざまな代替療法に興味を持ち、
アロマセラピー、催眠療法、フラワーエッセンス、
リフレクソロジー、ホメオパシーなどを学ぶ。

20代後半にはセラピストとして活躍を始め、
30代からインストラクターとしてセラピーの講師を務める。

以前から心理学に興味があり、人と関わる仕事をしたいと思っていたが、
大学では心理学では食べられないとのアドバイスからビジネス経営を学ぶ。
卒業後、当時花形職業だった証券会社に勤務、バブル崩壊を体験し、
お金が関わるときの人間の表裏を見ることになる。
それから、また人間心理への好奇心が再び湧き、
セラピーに興味を持ち20代から代替療法の勉強を始める。

2004年から二度目の結婚を期に当時のパートナーが
キネシオロジー(タッチフォーヘルス)を教えていたので、学び始める。
そこから拍車がかかり、スリーインワンコンセプツ、ブレインジム、
サイバーキネティック、インテグレート・ヒーリング、
アプライドフィジオロジーを学ぶ。

現在は、インテグレート・ヒーリング、ブレインジムファカルティ、
スリーインワンコンセプツのインストラクターとして、
キネシオロジーを世の中に広めている。

2013年6月には、教育キネシオロジーの世界大会でのスピーチを
英語にて講演、好評を得る。
現在は日本でも3名しかいない教育キネシオロジーのファカルティでもある。

また、インテグレート・ヒーリングでは、
創始者のマチルダ・ヴァンダイク女史に認められた世界で二人しかいない
インストラクターのうちの一人である。
定期的にニューヨークやロサンゼルスにてキネシオロジーや
タロット、経営シミュレーションWSを開催。

2度の離婚を経験し、女性が精神的に自立するための応援をするべく、
セラピストとしてキネシオロジストとしての
社会的地位を確立できるシステムを構築中。

離婚のときに、半分廃人のような立ち上がれない、歩けない、
部屋から出られない、食事ものどを通らない、
という生活を送り、人生をあきらめかけた経験あり。

そこからキネシオロジーによって立ち直った経験から、
一人でも多くの悩みを持つ人々に心の平和を提供したいという思いを持つ。

どこに相談していいかわからないような悩みを気軽に相談できる場所を
各所に作りたいと思い、そこで働けるセラピストを育てるのが目標。

キネシオロジーは2005年よりインストラクターとして活躍。
オーストラリアキネシオロジー協会AKA認定の
インテグレート・ヒーリングでは世界で二人、
日本では唯一のインストラクターである。

教育キネシオロジーでは、日本で3名しかいないファカルティの一人であり、
インストラクターを養成する資格を持つ。
代替療法を仕事として始めて15年。キネシオロジーの臨床経験は
9年で延べ2000人のセッション事例を持つ。

毎年世界各国にて行われる世界大会には、2008年より参加し、
2013年6月にバリ島で行われた世界大会での教育キネシオロジーに関しての
英語での講演・ワークショップは、
海外のキネシオロジーリーダーから賞賛を得る。

現在は、横浜、東京、大阪、京都、福岡、新潟など各地を回りながら講師をする。
海外ではニューヨーク、ロサンゼルスにてキネシオロジーを教えている。

Integrated Healing(IH) instructor(インテグレート ヒーリング インストラクター)、
米国教育キネシオロジー財団公認ファカルティ:ブレインジム101/OBO/VC/DDP各インストラクター、
3in1インストラクター、ジェントルタッチ筋反射マスターコース創始者及びインストラクター、
癒しのキネシオロジー創始者及びインストラクター養成講師

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Copyright © 癒しのキネシオロジー All Rights Reserved.